色彩と住まい/色彩のはなし
iro iro na iro
いろいろ な 色

Basic Ⅱ 色彩 の 基礎知識 其の壱

となり の 色 の ヒミツ

色 を 配る。

いろいろ な 見え方/対比
>>>#07
種も シカケ も あります。

いろいろ な 見え方/補色
>>>#08
隣に来るとドキドキします。

色 を 配る ~ ハーモニー と アクセント
>>>#09
しっくり する と いうことは
>>> HOME >>> BACK >>> NEXT
色彩と住まい/色彩のはなし #07
いろいろ な 色
いろいろ な 見え方/対比
種も シカケ も あります。
 ここまでは ひとつの色 それぞれ に注目した お話でした が 「住まい」の内外に限らず 色というもの ひとつの色だけで存在するものでは ない。常に まわりにも色があふれている。同じ色 でも 周囲の色 の 影響によって 違って見えてくる。
今回 は ちょっと 手品っぽい クイズっぽい。種 も シカケ も ある。はいっ 注目! 注目!
さて 右の花 と 左の花 真ん中の種の部分
左の種のグレー の 方 が 暗く 右の種のグレー の 方 が 明るく 見えませんか?
実は

同じ 明るさ の グレー でした。

明度 の 差 によっておきる「明度対比」

明度の高い 低い は グレー だけ では ない。色み が あっても 「明度対比」は おきる。
明るい花びら では 種は 暗く 暗い花びら では 種は 明るく見えませんか? 実は 同じ色なんですけど
色み も 明るさ も あざやかさ も 同じ色 まわりの花びらの色 の 明るさ が違うだけ

まわりの色 との 明るさの 差 によっておきる「明度対比」 という現象でした。

では これは? 右の花 と 左の花 真ん中の種の部分
右の花 の方が 真ん中の種の部分 あざやか に見えませんか?
実は

どちらも 同じ色でした。

こちらは 彩度 の 差 によっておきる「彩度対比」


あざやかな 高彩度 の 花びら では 種は くすんで 彩度の低い くすんだ色 の 花びら では 種は あざやかに見える。
色み も 明るさ も あざやかさ も

実は 同じ色 。
 こんなふうに まわりの色によって 同じ色でも 見え方が違ってくる。色は まわりの色の 影響を受けて変わって見えてくる。色は互いに影響を及ぼしあう。 せっかくの好きな色も あれあれぇ?トホホ となってしまわないように より ステキに見えるように の ヒントになるから 覚えておこう。
色み(色相)の違いからも 見え方が変わってくる。
さあ 右の花 と 左の花 真ん中の種の部分 は
左の種の方 が 黄色みがかって 右の種の方 が 赤みがかって見えませんか?
ほらっ

実は 同じ色 でした。
では もうひとつ 右の花 と 左の花 真ん中の種の部分
左の種の方 が 赤っぽく 右の種の方 が 青っぽく 見えませんか?
やっぱり

実は 同じ色
周りの花びら が「青」だと 「紫」は 赤みがかって 周りの花びら が 「赤紫」では 「紫」が青っぽく見える。
色みの違いによっておきる「色相対比」
 まわりの色 の 反対側 の 色み に近づいたように見えるもの。反対側って?「色相環」を思い出して 花びらの 「赤」の反対側 「青緑」に近づいて 種の「だいだい」は 隣 の 黄色っぽくなる。右回りにね。花びらが「きいろ」だと 反対側の「青」あたりに近づいて 左回り に 隣の 赤っぽくなる。
ひとつ離れた お隣り に ズレる ってかんじ かな。



まわりの色の 反対側の色 に近く 見える 「色相対比」

反対側の色のことを「補色(ほしょく)」と呼ぶ。

 「補色(ほしょく)」の関係から 色の見え方は影響を受ける。次回は もう少し この「補色(ほしょく)」について見ていくこととしよう。

 今回は 色の明るさの違いによっておきる「明度対比」 色みの強弱の違いによっておきる「彩度対比」色みの違いからおきる「色相対比」について の お話でした。次は マジック から ホラー っぽく なります。

BACK #07 <<< >>>TOP
色彩と住まい/色彩のはなし #08
いろいろ な 色
いろいろ な 見え方/補色
隣にくると ドキドキします。
色相環 の 反対側 の 色 のことを

「補色(ほしょく)」と呼ぶ。
「補色(ほしょく)」の関係にあると つまり 反対側の色どうし は お互い の あざやかさ を 強めあう。並べると どちらの色 も あざやかに見える
花びらに注目 右の花 と 左の花 花びらの 赤は 同じ色
真ん中の種がグレーであるよりも 右の 真ん中の種 が 青緑の方が 赤い花びら は より あざやか に見えませんか?
逆も同じく 種が赤の方が 花びらの青緑は あざやか

「赤
」と「青緑」は 反対側の色 「補色(ほしょく)」の関係
右の花 と 左の花 花びらの 青は まったく同じ色
真ん中の種がグレーであるよりも 右の 真ん中の種 が 黄色 の方が 青い花びら は より あざやか に見えませんか?
逆も同じく 種が青の方が 花びらの黄色は あざやか

「青
」と「黄色」は 反対側の色 「補色(ほしょく)」の関係
よって チカチカします。隣にくると ドキドキします。
どちらの色も あざやかに キレイに 見えるでしょ?
あえて 反対側の色を 多用して メインの色を 際立たせて キレイに見せる。お気に入りの色で統一された空間 そこに 反対側の色を ひとつ差し入れると 空間がシャープにはなやぐ。そんな 使い方が出来る。

でも 気を付けて! 「補色(ほしょく)」のまわりでは こんな ホラー っぽい 現象も おきるのです。

左の花 赤 の 花びら 左の花 グレーの花びら 真ん中の種 の 色 は ちょっと違ってみえる。けど
実 は

まったく色みのない 無彩色

左の花 黄色 の 花びら の 真ん中の種 の 色 すこし 青みのあるグレー に見える。けど
実 は

まったく色みのない 無彩色
左の花 青緑 の 花びら の 真ん中の種 の グレーは すこし赤みがかって見える。けど 右の花と同じ。
どれも まったく色みのない 無彩色

どの 花の種 も まったく同じ
グレー
左の花 青の 花びら の 真ん中の種 の グレーは すこし黄色っぽく見える。けど
色みのない 無彩色の 種 でも

花びらの色 の 補色が重なって

色み がかって 見える。

ないはずの 色 が 見えるぅ。


 色は まわりの色によって いろいろな見え方 がある。無彩色 モノトーン と云えども まわりの色によって 色づいて見えることも ある。私たちのまわりは 色彩で溢れている。その中で 色彩を味方につけた 住まいづくりのために どんなふうに 気を配って 色を配っていけばよいのだろう。これまでのお話の中に ヒントは ある。
「補色(ほしょく)」の効果を利用して おまけ の マジック を ひとつ ご披露しよう。白い紙を ご用意ください。

この へんてこりんな花 を じぃーっと じぃーっと みつめてから ぱっと 白い紙で 隠して 白紙を みつめつづけて
ちゃんと 見えた?
 つぼみ は 赤に 葉っぱ は グリーンらしく ちゃんと見えた?「補色残像(ほしょくざんぞう)」と云って 補色の関係にある2色をみつめて目を離すと お互いの補色がちらついて見える現象でした。

 今回は 「補色(ほしょく)」のお話でした。次回は いよいよ 色を 組み合わせて考えていきます。色彩を味方につけた空間づくり っぽく なってきましたね。

BACK #08 <<< >>>TOP
色彩と住まい/色彩のはなし #09
いろいろ な 色
色 を 配る ~ ハーモニー と アクセント
しっくり する ということ は
 色の組み合わせを考える。色 を 配る 「配色(はいしょく)」と表現する。色にも いろいろ相性があって あう あわない それで いくつもの箇所の色を決めなきゃいけない なんて どうしたらよいのやら。あう あわない の組み合わせ 調和する「配色(はいしょく)」 ハーモニー とは しっくりする と でも 云い換える と しっくり するだろうか。これまでの話を思い出しながら 「しっくり」を探そう。
このソファー 肘掛け も 脚 も クッション も すべて違う色を配っているのだが
なんとなく しっくり してませんか?
 同じ 色相 色み で さまざなトーン の色 の 組み合わせ 脚 は ビビッド 背もたれ はグレーイッシュ というように 。さまざまなトーンの色があっても 色みの「赤」は 揃えている。すると しっくり した印象 の 配色 となる。
様々なトーン

でも

色みは揃えて
オレンジ で 様々なトーン の色 グリーン で 様々なトーンの色
トーン は いろいろ でも ブルー で 揃える と

トーンは いろいろ でも 色みを揃えれば 調和した配色となる。
しっくり する。うまく まとまる。
Solusion 解決法~其の壱 「色み を そろえる」でした。
Solusion 解決法~其の弐 「トーン を そろえる」を 次に 紹介する。
このソファー 肘掛け も 脚 も クッション も すべて違う色 でも
しっくり してるでしょ?
 同じ トーン で さまざな色相(色み) の色 の 組み合わせ ている。赤も オレンジも 黄色も 青も 緑も 紫も 色とりどり。でも 同じ 暗めのグレーっぽい色 「グレーイッシュトーン」で 揃えている。すると しっくり した印象 の 配色 となる
ぜんぶ あざやかな色 純色で 配色すると こんな かんじ

「ビビッドトーン」の色 でも トーンを揃えて
うまく まとめることが できる。
トーン で まとまる

其の壱 トーンは いろいろ でも 色相(色み) は そろえましょう。

其の弐 色相(色み) は いろいろ でも「トーン」を そろえましょう。

 で「トーン」って何だっけ? はい 「トーン」おさらいです。明度 彩度 の違いで 色をグループ分けしてました。明るい暗い と あざやかさ の組み合わせで 色の感じ方 が違います。というのが「トーン(色調)」でしたね。
「トーン(色調)」
あぁ これこれ。代表的な「トーン」をまとめたチャート 上に行くほど 明るく 右に行くほど あざやか になるよう並べたもの。

 で 「色相(色み)」とは? 赤 とか 青 とか 色みの違い 「純色」もっともその色らしい色 そのものズバリの色を 並べたのが「色相環(しきそうかん」でしたね。
「色相環(しきそうかん)」
 この「色相(色み)」に着目して うまく まとめる しっくり する組み合わせ が 其の参 であります。

このソファー 肘掛け も 脚 も クッション も すべて違う色 でも しっくり してるでしょ?
赤 に 近い色み でまとめる。
彩度 あざやかさ は 同じくらい 色相環の中心から15~45°くらいの角度の範囲 の 色み で まとめると 調和する配色となる。お隣り ご近所 の 色 でまとめましょう というもの。
緑 に 近い 色み で まとめる。
Solusion 解決法~其の参 「近い 色み で まとめる」でした。
 おおまかに 以上の3つを おさえて 配色すれば 調和=ハーモニー が得られる。しっくり まとまめることができる。では まとめて おさらい しよう。
Solusion 解決法~其の壱 「色み を そろえる」
Solusion 解決法~其の弐 「トーン を そろえる」
Solusion 解決法~其の参 「近い 色み で まとめる」
 そろえて まとめて ばかりでは 退屈な空間となろう。アクセントを加える と 配色 が ひきしまり より魅力的な空間づくり にも つながる。では アクセント とは? どのような色を 選んだらよいのだろう。おおざっぱな ヒントを紹介する。
アクセント の 一例

離れた 色み を 用いる。
青み で まとめたソファ に 反対側の色み 黄み の 肘掛け を アクセントとする。目立つ。
アクセント の 一例

離れたトーン の 色を 差し込む。
ペールトーン で まとめたソファ に 一点だけ ビビッドトーン の 色 を 加える と ひきしまって見える。
離れたトーン の 色 を 差し込む アクセント の 例
グレイッシュトーンのソファに ディープトーンの 肘掛け
色み の ない モノトーン 無彩色 も アクセント になる。
アクセント の 一例

ビビッドトーン と モノトーン
高明度 高彩度 の ビビッドトーン の組み合わせ に 無彩色に近い グレー を アクセント にした例
色みは 同じ で 低彩度 で そろえたソファ に あざやかなクッション。
アクセント の 一例

色みは 同じ で あざやかさ を 変える。
 このように トーン や 彩度 明度 色相 が 大きく違う色 を 差し込む と アクセント となり ひきしまって より まとまって 見える効果 がある。しかし あくまでも アクセント というもの ワンポイント で スパイス で 手加減 が 効果を左右する。
 このように 今回は いくつかの色を 組み合わせ 色 を 配る「配色(はいしょく)」 調和する 組み合わせ なかでも 特に組み合わせやすい「組み合わせ方」配色 を紹介した。配色の手法には さらに 様々なバリエーションがあるのだが 基本的には 今回 触れたものから 派生しているので ざっと こんな 知識 認識 で 充分である。なんとなく 掴んでおいて いよいよ 空間に 色を配っていくこと と しましょう。
「いろいろ な 色」の お話 ここまで。 基礎知識 編 は いったん お休み 後は 各自 自習 それぞれの感性 で 好きな色 使いたい色彩 の世界を 探っていきましょう。

では ここで 宿題です。

好きな色 色彩は どんな色ですか?
どんな色み 明るさ・鮮やかさは どんな感じが気分にあいますか?

その好きな色を活かす組み合わせを いろいろイメージしてみてください。
アクセントカラーに差してみたり 調和した感じにしてみたり

色彩について 楽しく注目していただけたら 充分です。
以上 いろいろな色/色彩のはなし 基礎知識 編 でした。
BACK #08 <<< >>>TOP
色彩と住まい/色彩のはなし 基礎知識 編
いろいろ な 色
SHIBUYA Kazumi @ Office Poco庵 To be continue >>> NEXT