色彩と住まい/色彩のはなし
iro iro na iro
いろいろ な 色

Basic Ⅰ 色彩 の 基礎知識 其の壱

いろいろ な 色

色 には 訳(わけ)がある

>>>#01
はじめに ~ いろいろ な 赤
>>>#02
いろいろ な 赤 ~ ちょっと詳しく
>>>#03
いろいろ な 赤 ~ もうちょっと詳しく 其の壱
>>>#04
いろいろ な 赤 ~ もうちょっと詳しく 其の弐
>>>#05
いろいろ な 色 ~ まとめ
>>>#06
いろいろ な 色 ~ つづき
HOME <<< >>> NEXT
色彩と住まい/色彩のはなし #01
いろいろ な 色
はじめに ~ いろいろ な 赤
あか
 色彩を学ぶ以前のお話 学生の頃 明治生まれの祖母とショッピングに出かけた際 おすすめしたカーディガン は こんなかんじ。祖母から「これ 赤いからイヤっ!」とお断りされた。
あかい?カーディガン えっ?

これって「茶色じゃないの?」
 もちろん 年齢も考慮して 落ち着いたデザインをおすすめしたつもりだった。しかし 祖母の「赤いからイヤっ!」は定番で よく聞いたものだ。彼女には 赤=派手過ぎる という意図 が あったようだ。
祝!還暦 でも

「赤」って こんなかんじでしょ?
 さて 時は流れて 外壁改修の現場でのこと 竣工写真では 青空に映えるブルーの家 という印象 に 見えるのだが 塗装色を検討している段階で 奥様が心配された。
外壁改修 心配そうに ひと言

「なんか 赤くないかしら?」
 現場一同 逆に心配になる。選んだのは ㈳日本塗料工業会 塗料用標準色 G 75-40L と いうペンキの色である。こんな時 は 色見本帖を開いて サンプル を 確認しよう。
G-45-40L 色見本サンプル 近似色では こんなかんじ

「赤い」かなぁ?
 実は 奥様の正解 とも 云える。塗装標準色より一般的な表示方法であるマンセル表記では 5PB4/6の近似色とされる。PB すなわち パープルブルー 青=ブルーといっても パープル=紫がかっている。つまり 赤味も含んでいる訳だ。

「赤」 と 云っても 巾 が 広いのだ。その「巾」とは? 何者なのか?


 私達のまわりは 色 色 色 いろいろな 色彩であふれている。そのなかでも「赤」は たいへん身近な色である。近しいところで云えば 「血の色」であり 我々人間というもの 緊張を強いられるように出来ている。「赤」は 誰しもが注意を払うような色であり 私達は「赤」という色 に たいへん敏感である。そして「赤」に限らず 色彩 は 特定の思い出やイメージと結びつき 私達の心理 に 影響を及ぼす。また 誰しもが受ける反射反応 の 効果で 時には 体調 にも 関わることもある。


あか 黄色みを帯びて
暗め の
あか→きいろみ きいろみ→暗め おばあちゃんの赤
おばあちゃん の 赤
 祖母のカーディガンも 茶=黄色みを帯びた暗めの「赤」が 生活経験を重ね 更に研ぎ澄まされたセンサーに触れたのであろう。
あれも赤 これも赤 ひろく云えば

あれも「赤 」これも「赤
桜色も 桃色も 栗色も イチゴも サンゴも サーモンも ワインも バラも みんな 赤。
 色のなまえ にも いろいろ ある。特に「赤」系では 花に由来する名称が多く 他に 植物・鉱物など 自然現象 また 染料から などなど。 これらの「なまえ」は 固有色名 とか 慣用色名 という「呼び名」で JISなどで規格が定められているのだが 一般的には 幅がある表現と捉えておいた方がよい。
薔薇色だって ローズだって バラにも いろんな色の あるじゃない
 もうすこし 好きな色 伝えたい色 を 絞って 表現できれば 使える色彩 の 世界も 広がって 深みを増すものであろう。 色彩を味方につけた空間づくり を 目指して いろいろな色 について これから お話を進めましょう。
今回は ひとくちに「赤」と云っても いろいろな赤がある。いろいろな色がある と いうお話でした。
BACK #01 <<< >>> TOP
色彩と住まい/色彩のはなし #02
いろいろ な 色
いろいろ な 赤 ~ ちょっと詳しく
黄色みを帯びる と

 前回 ひとくちに「赤」と云っても いろいろな色が存在する というお話をした。今回は ちょっと詳しく その「赤」を変身させてみるとしよう。前回 さらっと「黄色みを帯びる」と 表現をしたのだが いかなることを指すのか?

「赤」に
ちょっと 黄色みを

わかりにくいかな
もうすこし 黄色みを

 と つづければ いわゆる オレンジ色 となる。オレンジ色から さらに 黄色みを帯びる と
オレンジ色 さらに
黄色み を 帯びる と
これは 黄色
イエロー
もはや 赤 では ない。
イエロー 黄色は
緑色 グリーン に
グリーン 緑色 は
青 ブルー に
ブルー 青 から
紫色 パープル に

紫 パープル は
赤み を 含む
でした ね
と すると
パープル 紫色 が
赤みを帯びれば

 と 赤 に 戻ってくる。こんなふうに ぐるぐるっと 色彩 の「 輪 」が出来る。
「色相環(しきそうかん)」
このような 色彩 の「輪」を「色相環(しきそうかん)」と呼ぶ。「色相(しきそう)」とは 「色み」とも表現される。赤み 黄色み青み など 色み の違い を「色相(しきそう)」「Hue(ヒュー)」と云う。一般的には「〇〇色み」という表現 で よいでしょう。
紫色みを少し帯びた赤 の ような ぐあい に
お好きな「色み」は どれですか? 個人的には 赤というより黄色に近いオレンジ色 ●●●が 好きで いつも周りにあるのですが 実は 青みがかった緑 ブルーグリーン●●●が マイブーム なんです。というように ちょっと詳しく 色み と 自分探し を追求すると 意外と 好みは ピンポイントであったり 微妙に ゆらめいていたり するものです。
今回は いろいろな 色み がある。「色相(しきそう)」 Hue(ヒュー)と 表現される。 と いうお話でした。
BACK #02 <<< >>> TOP
色彩と住まい/色彩のはなし #03
いろいろ な 色
いろいろ な 赤
もうちょっと詳しく 其の壱
「明るい」「 暗い」

 前回は いろいろな「色み」 のお話をした。赤
が 変身すると 黄色みを帯びて オレンジ に 紫色に近づいて さらに 青 と なる と いうぐあいに。さて そのは 明るくなったり 暗くなったり することでも 変身する。

 色の 明るい 暗い の度合いを「明度(めいど)」 と 云う。明度が高い=明るい。明度が低い=暗い。と 表現する。「白」は もっとも 明度が 高く。「黒」は もっとも 明度 が 低い。「赤」だって 明度の高低 が ある。赤 だって 暗くなる。明るく も なる。


赤 だって

暗くなる。
ちょっと 暗く。
もっと 暗く。 黒 では ない。
暗い 赤 である。
明るく も なる。
もっと 明るくなると
白っぽくなる。
 色の 明度 を 高→低 で 並べてみる。 左に 行くほど 「明るく」 右 に 行くほど 「暗く」してみる。
赤 だって 左に 行くほど 「明るく」 右 に 行くほど 「暗く」 なる。
赤 だって もっとも 暗くなれば「黒」になり もっとも 明るくなれば「白」になる。
赤の お隣り 少し紫色み の色 だって 「明るく」「暗く」
 青 ブルー を「明るく」「暗く」
 
赤 だって 青 だって もっとも 暗くなれば「黒」になり もっとも 明るくなれば「白」になる。

 今回 は 色には 「明るい」「暗い」という要素がある。と 云う お話でした。いろいろな 赤 もうちょっと詳しく は もう ちょっと 続きます。

BACK #05 <<< >>> TOP
色彩と住まい/色彩のはなし #04
いろいろ な 色
いろいろ な 赤
もう ちょっと 詳しく 其の弐
あざやかさ 色 が 褪せる って
 
 前回
色には 「明るい」「暗い」という要素がある と云う話をした。その他 に「色褪せる」と いう 表現がある。くすむ とか 色が抜ける とか 色みが薄くなる とか とも云える。あざやか で なくなる。

あざやかな 赤

色 褪せる と
すこし 褪せて。
もうすこし 褪せて。 色み が抜けると
グレーっぽくなる。
 
「明度」と同じく 「あざやかさ」にも強弱がある。「彩度(さいど)」Saturation/Chroma(クロマ)と呼ばれる。 その色相の中で もっとも 彩度 が 高い色を「純色」など と 表現する。もっとも その 色み っぽい色 ということだ。一方 彩度 が 低くなると グレー に 近く見えてくる。 彩度=0 では 白 黒 グレー の「無彩色」となる。無彩色=彩(いろどり)の無い状態の色 は 「明度」によって 白だったり グレーだったり 黒だったり となる。これは 前回の おさらい。今回は あざやかさ 「彩度」 色み の強弱 に注目する。

あざやかさ を 強→弱 で 並べてみる。彩度の高い 「純色」 から 右 に 彩度が低く 「無彩色」に近づく
あざやかな 赤 から 色 褪せる と 彩度が低く あざやか で なくなれば グレーっぽくなる。
色み の違う「純色」でも 彩度を下げていくと グレーに近づく。
赤紫 ショッキングピンク も 色み が 抜ければ ショックでもなくなる。

 今回は 色 の あざやかさ にも 強弱によって 変化がある。と 云う お話 で「彩度(さいど)」と いう 尺度 を ご紹介しました。「いろいろな 赤」 ~ もうちょっと詳しく は 次回 まとめます。

BACK #04 <<< >>> TOP
色彩と住まい/色彩のはなし #05
いろいろ な 色
いろいろ な 色 ~ まとめ
色彩の3要素
  ここまでのお話で 「赤」 を例として 色には 色みの違い「色相(しきそう)」 明るさ 暗さ 「明度(めいど)」 あざやかさ 色味の強弱「彩度(さいど)」の 3つの面 があること を 見てきた。この3つは「色の三属性」や「色の三要素」と呼ばれている。呼称は ともかく 「色は 3つの要素を持っている」 ことを 意識してみると 色彩は わかりやすく また 使いやすいものになる。


「色の三属性」「色の三要素」




「色相(しきそう)」

Hue(ヒュー)

色み の 違い
「明度(めいど)」

Lightness/Value(バリュー)

明るい 暗い
「彩度(さいど)」

Saturation/Chroma(クロマ)

あざやかさ 色み の 強弱
以上の3つを組み合わせて 微妙な色も 表現できる。たとえば 「おばあちゃんの赤」 も
黄色みがかった赤
暗め で
色みは あまり強くない
JIS マンセル表色系 5PB4/6
色相 5PB 青紫(5はPBの代表色相を示す)
明度 (1~9.5のうち)4
彩度 (0~14 5PBでは10まで)6

  呼称は ともかく 色には 3つの要素 がある ことが 意識できれば よい。何故なら 住まい に 限らず 色は ひとつだけで存在することはない。常に 組み合わせて 考えていかなくてはならない。その 組み合わせの際に この 3つの要素 が ヒント と なってくる。


色相(しきそう) 色みの違い

明度(めいど) 明るい 暗い

彩度(さいど) あざやかさ 色みの強弱



 今回まで 色には 3つの要素 がある というお話 でした。いろいろな「赤」のお話 は ひとまず これで まとめ です。ひとつの色 だけ について から 組み合わせていく 前に もうすこし 色彩の特性 見え方 を お話ししていきます。


BACK #05 <<< >>> TOP
色彩と住まい/色彩のはなし #06
いろいろ な 色
いろいろ な 色 ~ つづき
いろいろ な 色 には 訳(わけ)がある
 ここまで の お話 で 色の3つの要素を 紹介した。この3つを組み合わせて 色のグループ分けをしてみる。まずは 代表的な7つの色み(色相) を サンプル例 に あげて 見てみる。
 はじめに 「純色」とも表現される もっとも その色らしい 色 その名前ズバリ の 色 。 代表的な7つの色み(色相)は こちら。
ビビッドトーン
Vivid Tone

さえた 鮮やかな 派手な 目立つ イキイキとした 印象
これら の 色 は 明度 も 彩度 も 高い。「ビビットトーン」と分類される色である。
高明度 高彩度 では どの色相(色み)でも さえた 鮮やかな 印象 を持つ。目立つ イキイキ と したイメージ が ある。
では「純色」から 色相(色み) は そのまま 明度すこし低く 暗め 彩度 を 低く 色みを弱く してみよう。
鮮やか から くすんだ ような色になる。
ダルトーン
Dull Tone

鈍い くすんだ印象

これは いまいち な 色 って云われそう
次に「純色」から 色相(色み) は そのまま 明度 もっと 高く 明るく 彩度 を 低く 色みを弱く してみよう。
すると 同じ色相(色み)でも 印象 は 変わってくる。
高明度 明るく 低彩度 色み は 弱く「うすい色」

ペールトーン
Pale Tone

薄い 軽い 弱い あっさり 淡い 女性的 優しい かわいい 印象

砂糖菓子のような メレンゲな気分 かな
 これら 色相(色み)の配置 は そのまま で 明度 と 彩度 の組み合わせ を 変えることで 色から受ける印象 は 違ってくる。その いくつか 代表的な組み合わせのグループ を「色調(トーン Tone)」と 呼んで 分類している。どの色相(色み) でも 同じトーンの色 は 共通 の イメージ 印象 を受けるものである。
「色調(トーン Tone)」
明度を下げ 暗く 低彩度 色み は 弱く では こんなかんじ
ライトグレイッシュトーン
Light Grayish Tone

明るいグレーみ の おとなしい 印象


北欧風の雑貨屋さん に ありそう
さらに 明度を下げ 暗く「おとなしい」から「地味」になる。
グレイッシュトーン
Grayish Tone

グレーみ の
濁ったかんじ 地味な印象


こだわりの珈琲が美味しい店 って かんじ
「地味」から 重く 硬い 男性的な印象に
  カフェ というより バー


低明度 暗く 低彩度 色み は ほんのすこし 暗いグレーみ の

ダークグレイッシュトーン
Dark Grayish Tone
今度は 「純色」より さらに 明度を上げ 明るく 色み は 少し おさえめに。「明るい色」のグループ
ブライトトーン
Bright Tone

明るい 健康的な はなやかな 印象
さらに 明度を上げ 明るく 色み を 少し おさえて 「浅い色」 と表現される。
ライトトーン
Light Tone

浅い 澄んだ さわやかな
子どもっぽい 楽しい 印象

 おおまかに まとめる と こんなかんじ。上に行くほど 高明度 明るく 下に行くほど 低明度 暗く。右に行くほど 高彩度 色みを強く あざやか に と 並べてみる。


上に行くほど 明るく 右に行くほど 色みが強く 「トーン(色調)」のイメージを並べてみた。

明度 明るい暗い と 彩度 色みの強弱 あざやかさ の 組み合わせ で 色の印象 イメージ は変わる。
組み合わせ は「トーン(色調)」と呼ばれ 分類している。
色み(色相)は違っても同じ「トーン(色調)」では共通のイメージ 印象を受けるものである。


 トーンの名称 や 細かい分け方 共通の印象 など は いろいろと 規格やら基準があるのだが 資格試験とか お勉強ではないので 重要ではない と 思ってほしい。色の感じ方 イメージの捉え方 は ひとそれぞれ であり 自由に楽しんでもらいたい。明度 明るさ と彩度 色みの強弱 の組み合わせによって 共通のイメージ を持つのだ と いうことだけ で充分である。逆に 色から受ける印象 イメージ は 色の明度 明るさ 彩度 あざやかさ に 関係している ということを 心にとめておきましょう。


 今回は 色の3属性~色相 明度 彩度 のまとめ から 組み合わせて「トーン(色調)」という分類 を ご紹介しました。色から受ける印象 イメージ に関連していることにも触れました。あながち 気のせいじゃない 色彩には イメージには 「訳(わけ)がある」のです。

以上 いろいろな色/色彩のはなし 基礎知識 編 其の壱 でした。
BACK #06 <<< >>> TOP
色彩と住まい/色彩のはなし 基礎知識 編
いろいろ な 色
SHIBUYA Kazumi @ Office Poco庵 To be continue >>> NEXT